写真補正・画像作成
デジカメの失敗写真とか、ちょっとした手間で写真素材をあっちゅう間に格好よく変えてしまうフォトショップの使い方を解説。フォトショップお絵かき講座も一緒にどうぞ。

写真補正・画像作成の最新記事

写真補正・画像作成

失敗した夜景写真をドラマティックに演出してみる

対応バージョン : 
難易度 : 


どれだけ腕に覚えありの写真好きでも、やっぱり難しいのが夜景の撮影。私も学生時代からカメラをいぢっていて、それなりに扱いはわかっているつもりでもなかなか各種夜景サイト様でUPされているような『ドラマディックな夜景』を自分のカメラテクだけで撮影するのは至難の技・・・。ここでは『きれいに撮れた夜景』を『ドラマティックな夜景』にフォトショップで加工するための手法を解説していきます。
・レベル補正
・背景をコピー
・スクリーンモードで描画
・フィルタ『網目』
手順そのものは非常に簡単です。さくさくっと作っていきましょう

レベル補正

まずはフォトショップの『イメージ』→『画像補正』→『レベル補正』を選択し、実行します。

デジカメで撮った画像は、ほとんどがこうなってしまっていると言ってしまっても良いくらいなんですが。黒レベルと白レベルがちょっとずれているんですね。

つまり、黒が黒として、白が白としてしっかりと発色できていない。特に今回扱うのは夜景ですから、光の基本色『白』と、夜の『黒』どちらも【実物よりキレイに発色させてやりたいところですよね。

レベル補正機能を実行してやると、上図の様なウィンドウが開いたと思います。ここで、画面右下、赤い丸で囲んだ白い三角形を黒いグラフの山の付け根(最右端)まで、クリックしたまんまでグイーっと引っ張ってあげます。これで、画像の黒レベル、白レベルは正常に表示されるはずです。おそらく、目に見えていた情景に近づいたんじゃないでしょうか?

スクリーンモードで描画

上記で開いた背景のコピーレイヤーの『描画モード』を『スクリーン』に変更します。『背景のコピーレイヤー上で右クリック』→『レイヤーオプション』と選択していくと、下のような(Ver.によってはかなり見た目が異なりますが、描画モードそのものはあんまり大差ありません)コマンドウィンドウが開きますので、

描画モードを『スクリーン』と設定しておいてください。

フィルタ『網目』

「フィルタ』→『ブラシストローク』→『網目』の順番で網目フィルタコマンドを選択。この時、上項で作成したスクリーンレイヤー01が選択されていることを確認しておいてください。
・ストロークの長さ:50
・シャープネス:2
・強さ:3
と、上記のように設定を変更して、フィルタで効果を与えます。

これで完成です。見ようによってはきらきらに光っているように・・・見えるかな?もっと光源と背景色の明度差がある画像(例えば港の明かりとか)を用いれば採りきらきらした感じに映ります。


この記事と関連性の高いエントリー