写真補正・画像作成
デジカメの失敗写真とか、ちょっとした手間で写真素材をあっちゅう間に格好よく変えてしまうフォトショップの使い方を解説。フォトショップお絵かき講座も一緒にどうぞ。

写真補正・画像作成の最新記事

写真補正・画像作成

ブラシを利用して美肌にしてみる(簡単版)

対応バージョン : 
難易度 : 


ブラシ機能で美肌にしてみる

ブラシ機能とは、文字通りエアーブラシで色を吹き付けるように画像に加工の手を加えることができる機能です。ツールバー内の〇印のブラシツールを使用して加工を行います。

例えば、背景をサッパリした感じにまとめたいけど、ホワイトバックじゃいまいち寂しい。色を塗ろうと考えたけど、「塗りつぶし」(編集コマンドから選択できる基本的な機能)ではどうも強く発色しすぎるなんていう場合。それから、にきび、吹き出物の修正(隠してしまう)などに使用します。

画面右上のウィンドウに「ブラシ」を表示させてください。ここに書くブラシの太さ、性能とイメージが表示されます。

背景にブラシツールで手を加える

まず背景を切り抜いて飛ばしてしまいます。人物(私と息子です・・・すみません)とソファ以外のなんだか生活感あふれる部屋の背景を選択して、キーボード上の[BackSpace](バックスペース)キーを押して削除してしまいましょう。



次に、カラーを黒に指定して、編集コマンドから「塗りつぶし」を選択。背景を真っ黒に塗りつぶしてみます。

まあこれだけでもそれなりに格好良いんですが、なんかまだ安っぽい感じがしますねぇ。ここで、「ブラシツール」の登場です。(まだ背景の選択は解除しないでくださいね)ブラシツールを選択。画面右上のブラシウィンドウでブラシの太さ、輪郭のぼかし具合などを選択します。色を赤に指定して、背景に模様っぽく散りばめていきます。これで背景は一応良しとしましょう。



人物の肌色を整える

次に、実は最も多く使われる手法の一つ。「ブラシツールを使っての肌の補正」を行います。元画像を良く見ると・・・あらま。私の肌、汚いですね。

にきびに吹き出物、部分的に赤らんでいたり、おでこと鼻っ柱は油ギッシュにテカッているじゃないですか!はぁ・・・何だか自分で言っていて悲しくなってきてしまいました。・・・と、いうわけでこの汚い肌をチョチョイのチョイと補正してしまいましょう。

まずはおでこ。おでこの範囲を多角形選択ツールで選択して、選択範囲をぼかします。このとき、あまりぼかし半径が大きいと、選択そのものができなくなったり(選択範囲自体よりもぼかし半径が大きくなってしまい、表示できなくなる) 背景にまで飛び出してしまうことがありますので、注意が必要です。

その上で、フォトショップのブラシツールを選択。割と大きめ(例では100から200程度のものを使用)の径のブラシを使用、 肌色を指定してブラシがけを行います。

肌色の指定は、なるべく選択範囲の境目近くを使用(画像参照)し、ブラシがけはど真ん中ではなく選択範囲よりやや離したところからかけると良いでしょう。

囲自体も、ブラシの境界線自体も、どちらもぼけているので、一見ほとんどかぶっていないようなときでも、割ときちんと色付けされていきます。で、この「色選択」→「ブラシがけ」の作業を何度か繰り返し行い(肌の色は一定ではないため、いくつかの色指定が必要になります) この作業を、頬、鼻、などにも行っていきます。

イメージとしては後から化粧(ファンデーション)を塗っていく様な感じですね。たとえば、ノーメークで写してしまった家族写真(親族一同に配らにゃならん)とか、WEB上で公開する画像とか、もっと簡単に記念写真とか、大事な写真なんだけど、いまひとつ納得のいかない写真ってあると思います。そーいうのを簡単に補正する技術として、ちょっと使える仕上げ加工です。

注※ ただし、カミさんや彼女など、自分以外の(特に女性の)肌を補正する際には注意が必要です。ちょっとやったぐらいならわかりませんが、あまり強引&雑にこの処理をしてしまうと、補正がばれます。「あたしの肌が汚いって言うの!?」と言われてしまっても文句言えませんので気をつけてください。

上記方法で補正したビフォア&アフター。悲しくなってきましたね。




この記事と関連性の高いエントリー